ギャラリー風のたよりヤフー店

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
MYページ

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

作家名

商品コード:
k-1348

服部 和三郎「薔薇と小花」油彩画

価格(税込):
98,000
関連カテゴリ:
作家名 > > 服部 和三郎
価格帯別 > 5万円から10万円まで
絵画技法別 > 油彩画、アクリル画 >
作品の在庫は1点限りです。
数量:
お電話でのお問い合わせ、ご注文

メールでのお問い合わせ、ご相談

1


  作者■服部 和三郎
タイトル■薔薇と小花
  技法■油彩画
 サイン■自筆サイン有り。
  状態■額付き 良好
絵サイズ■F12号
額サイズ■66cm×76cm(横×縦)

1

■はっとり わさぶろう■
1930年 兵庫県淡路島洲本市に生まれる。
1947年 京都市立身術専門学校(京都芸大)油絵科入学。
1948年 大阪市立美術館付設美術研究所に入所。
1950年 東京に移転。内田巌、竹谷富士雄(藤田嗣治の唯一の直弟子)に師事する。
1953年 17回新制作協会展(発起人・小磯良平)初入選。(「三つの卵」他一点)
1955年 19回新制作協会展で新作家賞受賞。(「屋上の母子」「木馬」「靴みがき」)
1963年 27回新制作協会展~新制作協会賞受賞。(「浜辺の女」「母と子「母子像」)
1964年 28回新制作協会展~会員に推挙される。(「考える男」「横たわる女」)
1971年 フランス、スペインを旅する。
1973年 サンデー毎日美術館に掲載。(「グランドショメールのモデル達」「朝・昼・夜」)
1978年 フィレンツェ、ローマを旅する。
1982年 日本画廊協会賞展で奨励賞受賞。
1997年 東京国際美術館で「服部和三郎自選展」開催。

 主に欧州の古典絵画から描画技法や構図の取り方などの影響を受けており、クラッシックで落ち着いた雰囲気の作品を創作する。地塗りから完成まで油をふんだんに使い、テンペラ画のような深い光沢と透明感のある硬質の画面が特徴。花や乙女、裸婦などの優美なモチーフの作品が多い。師匠を通しての、藤田嗣治の影響がみられる。





この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。